2006年08月26日

福島・新潟旅行記2006 〜 後編

前編はこちら

この日は、朝5:31発の磐越西線に乗り、新潟に10時前に到着し、新潟観光をする予定だったんだけど、前日の夜にビールを飲み過ぎての灼熱サイクリング地獄in只見の疲れと、夜行バスでの徹夜が響き、目覚めたのが6時半...寝坊したー(;´Д`)

というわけで、残念だけど新潟観光はまた次の機会に行うとして、今回はとりあえず新潟経由で帰るという、ある意味、究極の18切符の旅っぽいことをやってきました。

だからほとんど電車と駅の写真ばかりです。

はい、気を取り直して、まずは会津若松駅より、磐越西線で新潟に向かいましょう!

4両編成の気動車。3両目に冷房が導入されて無く、「なんだ故障ですか、大変ですねwwww」とか思ったんだけど、あとあと考えてみれば、あれは窓を開けて楽しんでくれ! ってことだったんだな。まあいいんだけど

この磐越西線は、昨日乗った只見線と同様、喜多方を過ぎたあたりから阿賀川を何度も左右に渡りながら、山の中を走り抜ける路線で、愛称の「森と水とロマンの鉄道」の通りな車窓が広がってましたよ。

まあ、只見線よりも幾分開けたところを走るため、山奥感はそこまで無かったけど。

どこか忘れたけど、阿賀川。山が低いけどこれは、実際にはもっと高い山に囲まれている感じがしましたというか、ちょっと天気が悪かったから、高い山は雲に隠れて見えなくなってるんだな。たぶん

8時過ぎに出発した磐越西線も、4時間も乗っていれば終点の新津に到着します。新津ヾ( ゚д゚)ノ"

距離はないのに4時間もかかった理由は、途中の交換待ちが本当に多かったこと。最初の頃は駅に降りてみたりしたけど、最後の方は飽き飽きしてて、音楽聞きながら寝てた。降りた駅は、野沢、徳沢、五泉ぐらい

新津は、事前の調査で駅弁を販売している駅と言うことがわかっているので、とりあえず新潟っぽい駅弁を一つ購入...新潟っぽいというか、日本海っぽいというか。

当初の予定では、新潟駅の近くでこういうものを普通の店で食べようかと思ってたけど、そこまで行く時間が無くなってしまったので駅弁で代用。でもこれはこれで良かったかもね。やっぱ、鉄道の旅なら駅弁も食べないと!

まさかのいくら何でも寿司! 鱒、鮭、蟹、いくら、卵、野沢菜、生姜、醤油! 新潟っぽいかどうか、新潟の人間ではないので判断できないけど、俺はこういうのを求めていたんだーwwww
といった感じで、いくつもある駅弁の中からこれを即決購入。せっかくの駅弁なので、電車の中で食しましたよ。ええ。

新津からは、そろそろ自宅に向けて動かないと終電がやばそうだったので、最短ルートで埼玉に向けて移動開始。まず使ったのが信越線で長岡まで。

長岡駅。新幹線も止まる乗換駅なので、けっこう規模は大きめ。

新幹線も止まる大きな駅ですが、18切符ユーザーには無縁の存在。ここで上越線に乗り換え群馬方面へ・・・

...っと、ここでちょいと北越急行、通称いわゆる「ほくほく線」(ご指摘ありがとうございました>しるふぃ様)に、とある事情で乗ってみたくなったので、途中の越後川口で方向転換することに決定。越後川口で乗り換えたのは、長野まで走るローカル線の飯山線。

只見線とは違った感じのローカルな雰囲気を醸し出してます。これはたぶん、山間の大きな川沿いに走っていくのではなく、本当のただの山の中を走り抜けるからじゃないかと。よくわからんけど。

今回初めての一両編成ヾ( ゚д゚)ノ"
これに乗って十日町まで行き、そこからほくほく線に乗り越後湯沢に行くというルートでございます。

新潟の山の中をゆっくり走ること30分。到着したのは十日町。

十日町は、このほくほく線の恩恵をかなり受けているらしいね。北陸新幹線ができたらどうなるんだ? 個人的に、在来線特急の方が好きなので、どちらかといえば北陸新幹線には期待していないんだけど。まあ、金沢方面の人は、新幹線ができた方が便利で速くなるからこれは仕方ないかー。北越急行には、これからも何とかしてがんばっていただきたいし、特急もできれば継続して欲しいものだ(これはJRが協力しそうにないけど)

ここでほくほく線に乗り換え、六日町へ・・・

こっちは直江津方面。そして向こうの線路は特急の通過専用路線。制限速度表示の「130」なんて初めて見たよ。すごい速度だ。

で、なんでほくほく線かというと、実はこの路線。プラネタリウム電車のゆめぞら号なるものが走っているらしく、時間が合えばそれにぜひ乗ってみたいと思ったからで、だからあえて寄り道したというわけです。

簡単に説明すると、ほくほく線はほとんどがトンネルの中を走るため、トンネルを走行中に、電車を真っ暗にして、プラネタリウムなどを放映するという、なかなかおもしろい試みを行っている路線で、前々から興味があったんだけど、見に行く機会がなかったんだよねぇ(青函トンネルのように、トンネルの壁面に細工してる路線というのはほかにあるけど、車内でこういうトンネルを生かしたイベントを行う路線はほかにないんじゃないかな)。

以前、天文研究会の合宿で六日町に行ったとき、いい感じでゆめぞら号が止まっていたので、「天文研のメンツなら、一度見ておいた方が言いと思うから行こうぜwww」って誘ったら「んなもん行けるか」と軽くあしらわれた悲しい過去があったので、今回改めて見に来たわけですが...

...上映は土日( ゜д゜) (今日は火曜日)

また土日に来よう...λ.......

ちなみにこんな感じで放送されるらしいです(実際にナレーションが入るとか、ちゃんとストーリー性のあるプラネをやってるようだ)。ああ、このムービーを見せればたぶん、プラネを自作するようなサークルの会員の心を動かすことができただろうな。あー、惜しいことしたかもわからんね。

まあ、このプラネを放映するゆめぞら号ですが、平日は平日で違うことをやっています。こんな感じ・・・

2両編成のうち、どちらか片方だけがこのようになり、もう片方は何も起きません。何でだーって思ったけど、普段から乗ってる人は別に珍しくも何ともなく、トンネルの中で暗くなったりすると本が読めなかったりするからじゃないかなと勝手に解釈。乗車するときは、どちらに演出が入るかあらかじめ調べておいた方がよいですよ(たぶん車両に「ゆめぞら号」とかかれている方)

音楽とともに、某絵画販売で販売している絵に描かれているようないるかが泳いでます。これはこれで目新しいので、悪くはないかなと。ただわざわざ見に来るようなコンテンツじゃないのが惜しいな(ゆめぞら号という名前をつけているのにほかのことをやっているからと言うのが惜しい点だね)。

そして、飯山線とは対照的にものすごい速度で走るほくほく線は、六日町で上越線に乗り入れ、そのまま越後湯沢駅に到着。

新潟! 日本酒!

毎年おみやげを買っていた、駅の土産物屋で適当に物色した後、時刻表を確認すると、なんとこの先上越線で群馬に抜ける電車は2時間待ちだとか...2時間待ちは退屈過ぎなので、新幹線に乗ることにしました。18切符での旅の最大の邪道行為だと思いますが、別にそんなこだわりなど持ってないから関係ないんです!

4年ぶりの新幹線。上越新幹線は実に8年ぶりだ。

でも、あまりお金かけられないから、となりの上毛高原までです(笑)

...新幹線はえーなヾ( ゚д゚)ノ"

ほくほく線も速いと思ったけどそれ以上だ。在来線なら40分以上かかる山越えを、17分で通過...1680円の価値はあったな。

到着したのが上毛高原。

こうしてみると大きい駅だけど、反対側は何もありません。ほんと、家が数軒。あと、どうでも良いけど駅名は「上毛高原」という駅じゃなくて「月夜野」とかの方がよかったんじゃね? 全然高原じゃないし

近くにある上越線の後閑駅まで2~3kmほど歩いて移動し、ぎりぎり高崎行きに追いつけました。

あとはまあ、高崎で八高線に乗り換えて、3時間後には帰宅となったわけですが(後閑駅も高崎駅も乗り換え時間がほとんど無く写真が撮れなかったwww)、こうして改めて振り返ってみても、最終日はやっぱり鉄道に乗るのが目的の旅のような感じだったね。

でも、電車に乗ってあちこち移動するのは嫌いじゃないし、それに多種多様な路線に乗れたのはおもしろかったかな。なにかとタイミングが悪かった気がしたけど、それは次回以降へのお楽しみと言うことで取っておくことにしましょう。

とりあえず新潟はしばらくおいといて、次回は仙台より北の東北地方から北海道にかけて回ってみたいと思います。次回はいつになるかわかりませんが。
posted by iwasaki_p at 10:33| Comment(4) | TrackBack(0) | 旅・遠出
この記事へのコメント
いい旅だ。
Posted by もぐら at 2006年08月26日 12:03
ほくほく線でプラネタリウム見たしるふぃがやってきましたよ!ほくほく線は通称じゃなくて正式名称ですよ!(Wikipedia参照)

やはりここは越後湯沢で日本酒飲み過ぎてべろべろになって国境越えするのがよろしいかと思われるがいかがなものか。
Posted by しるふぃ at 2006年08月26日 12:39
むかし伊豆急行でプラネタリウム的なことをやっていた記憶が。
Posted by Ka_corp at 2006年08月26日 13:14
>>もぐら
だろ( ゚Д゚)y─┛~~


>>しるふぃさん
おおっと、そうでした! あんな名前のおかげで、ついうっかり間違えてしまいました!

湯沢のぽんしゅ館で利き酒やりまくりで越境→病院送りは避けたいので勘弁をwww
でもまあ、複数行動の旅だったら、それもまたおもしろそうだなー(病院は嫌だけど)。


>>ka_corp
なにーwww
というわけで調べてみたところ、昔走っていた「リゾート21」でやっていたらしいね。どういうのをやっていたかまではわからなかったけど。
Posted by Iwasaki++ at 2006年08月27日 00:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1190593
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック